蔵の改装日記 その6

蔵横の出っぱった小屋の屋根を落とす(解体する)と決めました。

蔵の改装日記 その3

のはいいけど、さてどこから手を付けたら良いものか。
建てた順番を逆さまに辿っていくことにします。

まずは屋根瓦。

昔の瓦は粘土を焼成して作られたもので、それらを木の骨組みの上に藁苆(わらすさ)を敷き詰め、土(粘土)を盛って、その上に重ねています。

瓦は一枚一枚が現代のものに比べて小さく、焼き締めも低温のため、とてももろいです。
それら瓦の「重ね」を密にすることで、雨風を防いでいたのですね。

固さの比較でいうと、

昔の瓦=ロシアンクッキー

ロシアンクッキー


今の瓦=泉屋のドーナッツみたいなやつ

泉屋のドーナッツみたいなやつ

解体する側からいうと、「小さくて密」ということは、すなわち枚数が多い、ということ。

小さな面積に驚くほどたくさんの瓦が乗っかっていました。

まずはそれらを下ろし、、
次に瓦と骨組みの間の粘土(土)を下ろすことにします。

粘土はカラカラに乾燥していて、土ぼこりがすごい。マスク必須です。

瓦を下ろしてみると、下地の骨組みがでてきました。ん?意外と新しい?

横桟の元の梁は古そうだけど、屋根を支持している部分は新しい建材です。
この出っ張りは後から付け足したものかも。←良い(外しても本体に影響がない)かも^^

並行して、床を整えます。

雨の日は内装作業、貼ってあったカーペットの処理中。下地のベニヤはなんとか生かせるかも。

カーペットを貼っていた両面テープが超強力で剝がすのに苦戦!

最終的にはトーチ・バーナーの炎をあてながら、スキージー(ヘラ)で落としました(汗

古民家あるある その3

古民家あるある その3は、「動物との距離が近い」です。

隙間がたくさんあるからか、エコ素材の建築だからか。

古民家では結構、小動物と出会う機会が多いです。

・春は天井裏をドタドタ、は多くの場合ネズミ(イエネズミ)もしくはイタチ(すごい音がする)、まれにテンの場合も。
・夏の庭ではカエルを追いかけるヘビ。幸い家の中で見たことはまだない。
・秋に虫の声がすごく良く聞こえる。と思ったら部屋の中でコオロギが鳴いていた。

冬は割合静かですが、昨年の2月。

ハツカカヤネズミでした。
あんましあわてて逃げる様子もなく。そーっとカップで確保(笑

https://www.youtube.com/watch?v=msxPzP5bj7A

なんかちっちゃくてカワイイ。けど、同居はちょっとね。竹やぶの暖かそうなところにリリース。

今年は子年ですね。

蔵の改装日記 その5

新年あけましておめでとうございます。

今年も三社参りに行ってきました。

新しくいただいてきたお札

今年で3年目の三社参りですが、そもそものきっかけは母屋と蔵に残されていた古い3つのお札(ふだ)。


放置されてから、長い年月が経ってしまったであろうお札たち。
蔵の改装にあたり、ご挨拶も兼ねてお返しに行こう。ということになりました。

お札(ふだ)の文字は掠れていて、よく見えない。かすかに読み取れた文字をたよりにひとつひとつ。

まず、一つ目は近くの若宮神社。(ふむふむ、いわゆる氏神様ですね。)

次に二つ目は車で15分ほど、隣町、大神(おおが)の愛宕神社。(振る舞いでいただく甘酒が毎年とても美味しい。)

そして三つ目は、車で1時間ほど(!)天ケ瀬の高塚地蔵尊。

故人が辿ったであろう三社を、私たちもなぞらせていただきます。

お札(ふだ)をお返しに行った初年度。

初めのうちはちょっと敬虔な面持ちで参拝していたのですが、ひとつ、ふたつと進むにつれ、「ああ、これは当時のアクティビティだ。年中行事の楽しみの一つだったのだな。」と感じるようになりました。

そう思うと、私たちもなんだか遠足のような、楽しい気持ちになってきました。

今年も無事、三社にお参りでき、それぞれのお社、お寺で「今年も良い年にします。」と宣言してきました。

今年は高塚地蔵尊にお参りしたあと、近くの天ケ瀬温泉に立ち寄ってきました。

天ケ瀬といえば川湯。

初川湯は「益次郎の湯」。「お湯が強」くて最高。めっちゃ効きました。

ほんとうに川のすぐそば
飲泉もできる
この開放感が素敵(笑

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

いただいてきた3社さんのお札(ふだ)はそれぞれ定位置に。

高塚さんは母屋に
愛宕さんは勝手口奥
若宮さんはかまど

皆様におかれましても、健康で幸多い年でありますよう!