杵築うまいもんテイクアウト

大分県杵築(きつき)市で料理のテイクアウト(お持ち帰り)を行っている飲食店の紹介サイトを制作しました。
https://umaimon.kitsukin.com

スマホ・タブレット対応(レスポンシブ)で、スマホから直接お店に電話で注文・問い合わせることができる「チラシ」的なWebサイトです。

メニューページでは、杵築の「うまいもん(テイクアウト)」を選ぶ楽しみを。ファミレスのメニューを意識して制作しています。

メニュー一覧(例)

画像はInstagramより各飲食店名のハッシュタグでピックアップ、飲食店が手をかけずにウェブサイトへ反映します。

また、同時にPOPを制作し、多くの人が目にする市役所に設置〜ウェブサイトへ誘導します。

POP

キーワード(および#)は「#杵築 テイクアウト」です。

将来(コロナが収まったあとも)杵築を訪れた方たち、もしくはこれから訪れようとする方たちが、同キーワードで検索した際にも使えるよう、また、各飲食店を訪れてみたくなるような、導線を意識しています。

杵築うまいもんテイクアウト

わらび2020

わらびを採取

よく晴れた日、わらびの採取に出かけました。

花束みたい
目が慣れるまではなかなか見つからない

前回のこごみ(屈)と同様シダの仲間。可食部は若芽。

灰汁(アク)が強いので重曹でアク抜きして、煮付けでイタダキマス。

しいたけ、油あげといっしょに

ちょっとぬめりがあって、それでいてほくほくして、新酒がたくさんの今の季節にピッタリ。ウマー^^

新酒の季節ですよね〜。今日のお酒は長陽福娘←ウマい!

屈(こごみ)とKarl Blossfeldt

今年も山の神からこごみをたくさんいただきました。
半分は素揚げ、もう半分は菜花といっしょにおひたしでイタダキマス。

こごみってその様態から「屈」て書くんですね!

それにしても、なんとも美しい。。見ていて飽きません(←食べても飽きませんが)

Karl Blossfeldt


カール・ブロスフェルト(Karl Blossfeldt, 1865-1932)は、ドイツの植物学者で新即物主義を代表する写真家。(Wiki)

以前制作したショーウィンドウのお題になったこともあり、忘れられない写真のひとつ。