愛農かまど 伝承者

「愛農かまど」は各地に伝承者がいます。

伝承者は、愛農かまどの制作技術と知識を有し、愛農かまど作りの相談から、現地での制作支援やワークショップなど、指導者としての活動を行なっています。


伝承者はかまどを作るだけではなく、愛農かまどの持つ魅力や、精神性を共に育み伝えていく役割を担っています。

伝承者の派遣のご依頼は公益社団法人 全国愛農会に連絡して紹介を受けるか、伝承者に直接連絡をお願いいたします。

【連絡先】
伝承者:森 浩=(株)森美(シンビ)
メール: mori@sin-bi.com
Instagram: https://www.instagram.com/sin_bi.inc/

愛農かまど の機能

愛農かまどは戦後の食糧不足、燃料不足の時代に料理研究家(酒井章平氏)が考案した、非常に燃焼効率の良い構造を持ち、少量の薪からの熱源〜排熱と無駄のない流れで、熱エネルギーを最大限に活かすことができるかまどです。
通常薪には適していないとされる少量の細枝や家を整理したときに出る一つかみの廃材(合板でない)でも、3 升の米が約 30 分で炊きあがります。
同時に隣の釜では汁物を温めたりと、効率よく煮炊きができます。

上段に羽釜を2つ設置して使用します。かまど本体には金輪が取り付けられており、小径の金輪を重ねて、調理器具のサイズに合わせて使用します。

羽釜を載せる金輪のサイズは、外径φ440mm、内径φ330mmです。

向かって右側下部には焚口があり、その上の羽釜は直接薪の火力を受け、もう片方(左側)は煙突へ向かう手前の余熱を利用した弱火調理ができます。

どちらもしっかりとお湯も沸かせるので、お米を蒸したり、大豆を茹でたりと餅や味噌作りに重宝します。

中央下段のオーブンではパンやピザ、シュークリーム等を焼くことができます。
アイデア次第で可能性が広がります。


どうぞ様々なかまど料理をお楽しみください。

愛農かまど火入れ式

蔵を改装したカフェの奥に設置した「愛農かまど」
今回この愛農かまどの火入れ式を行いました。
火入れ式の祝詞は地元杵築(きつき)の若宮八幡社にお願いしました。
http://wakamiyahachimansha.com/


祝詞を頂き、清々しい気持ちで火を入れて、まずはお茶を一杯。。


おいしくないわけがないですよね(笑


「愛農かまど」は思っていたより扱いが簡単。
こりゃあ、昔の人は重宝したやろう。
天気にも恵まれて最高の火入れ式でした。
ご飯に燻製にコーヒー豆の自家焙煎と、これから森美で大活躍の予定です。