新カフェメニュー候補 その1

現在、改修も順調に進み、あわせて新メニューをいくつかテスト中です。

森美ではジビエ(山浦の猟の師匠のとこ)を応援しているので、候補その1は「ジビエ丼」。

こちらは先日の「杵築ウォークラリー」にあわせて開催されたマーケット「小町マルシェ」に出店させていただいた時のジビエ丼=魯肉飯(ルーローハン)。

*現在カフェは改装後の備品整備と新メニュー準備のためお休みをいただいております。再開の折りにはHP,Instagram,Facebookでご案内させていただきます。

どうぞ、引き続きよろしくお願いいたします。

古物(ふるもの)

古い棚と一緒にいただいた「なます皿」。サイズが普段使いにぴったりで気に入っています。

古い棚

赤や金でヘンな模様が描かれていたのを重曹で丁寧に洗ってみたところ、全く別の模様が出てきました。(笑

初期伊万里や有田の古い染付けは独特の厚さと歪みっぷりがキュートです。

ずいぶん前になりますが、古物商の免許を取得しました。

来年からちょこっとずつ、古いものも取り扱う予定です。

改装中です(森美カフェ)

森美カフェを改装中です。

↑こんなだったのが

↑今はこう

週末金曜・土曜のみというわがままなカフェですが、1年間を通してとても多くの方々にお越しいただきました。

来年は簡単なお食事をご提供できるよう、1階のキッチン部分と2階を改装する事にしました。

キッチンにはガス(プロパン)と冷凍庫など備品を入れ、2階はゆっくりくつろいでいただけるよう、床と窓を改修します。

↑今の2階(改装前)です。

2階は小さな図書館(山小屋風)がイメージです。

どちらもとにかく狭小のため、中に入れるものの「寸法」がとても大切。
あれこれ設備や什器を探すのは大変だけど、一番楽しい時間でもあります(妄想モード^^)

↑こんなにごっちゃごちゃでも不思議と自分はよくわかる。

肝心の本棚はどうしようかと思案していたところ、一本の電話が。

電話は骨董師匠からで、今、整理してるので古い棚家具をくれるとの事。な、なんと!ありがたやー。

で、たくさんいただいてきました!

100年は経ているという、総桐の小さな箪笥は取っ手の金具が超素敵。


ほかにもあちこちに当時の職人の意匠や工夫が見てとれます。見てるだけで楽しいです。
引き出しの中には古伊万里の器(!)が入っていましたが、それはもらえませんでした(笑

大きな工事は12月中(来週やん!)に終えて、細かい部分はお休みの度ちょこちょこと整えていく計画です。

さて、今年ももうすぐ終わりますが、この1年もたくさん「杵築の素敵」を見て・聞いて、お会いして、自ら体験してきました。

が、大事なそれらのネタはGoogleドライブの中に眠ったまま。

これはそのままにしておくのは自分の為にもいかんよなー。

という事で、今日から1ヶ月、毎日upすることにしますー(宣言)